読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卯月沙羅のコト。

離れられない音と毎日

望むものと歌うこと

 

私は幼い頃

 

能天気な人間だった

 

世界中の全てのものが暖かくて

 

たまに切なくて

 

帰り道の檜の木

 

花の蜜

 

特等席の海辺

 

そのうち植物や海と会話出来るなんて

 

思い込めるくらい夢を見ていた

 

世界が 人が 大好きだった

 

馬鹿だなって思うけど

 

満たされてた

 

 

 

あの日

 

あの日から怖がりになったし

 

澄ますことを覚えた

 

大切なものも自分の手で壊して仕舞うようになった

 

それとは逆にどんどん賢くなっていく

 

そんな自分が愚かで不器用に感じるんだ

 

 

衝動 愛と憎しみ

儚なさや 素敵な感情

 

 

消せないし綺麗に残せない

 

上手く身体から出していけないから

 

伝え方が分からないから

 

 

 

 

今日も私は歌う